アップデート情報
Academic Express3

eラーニングに、大学教育の品質を。

テストのスコアを上げるための教材ではなく、学生の知性を磨く大学らしい学びを提供したい――。Academic Express 3 は、コンテンツの質を徹底的に追求したeラーニングサービスです。世界最大級の教材データベース「スーパー英語」から、学習時間1,000時間を超える膨大な教材群を提供。自然科学、社会科学、人文科学、ビジネス英語など、アカデミックなコンテンツの数々を通じて、一般教養を学ぶようにレセプティブスキルを鍛えることができます。グローバリゼーション、多文化共生、これからの社会を生きる若者に必要なのは、ただの語学スキルではありません。英語を学ぶeラーニングから、英語で学ぶeラーニングへ。Academic Express 3 は、確かな英語力と豊かな人間性を育む、次世代の教育環境を実現します。

AE3サービスイメージ

アカデミックなコンテンツで、レセプティブスキルを徹底的に鍛える
大学で英語を学ぶ意味を追求したeラーニングシステム

自然科学、社会科学、人文科学、ビジネス英語など、1,000時間超のアカデミックな英語教材を提供

Academic Express3

基礎のフォローアップから、海外大学院への留学レベルまで対応

Academic Express3 コンテンツレベル
採用大学

選ばれる理由

リスニングの課題も数多く用意されていますが、読解の課題が非常に多い。1回につき1、2題の読解の問題を週に3回、それを2年間継続して出題できるほど豊富に用意されているため、読解の訓練には最適です。こうしたほかの教材にはない特徴が、最も重要な選定のポイントになりました。 青山学院大学 経営学部 准教授 永井忠孝 先生

採用の決め手になったのは2つのポイントからです。第1は自習用教材として。基礎的な文法知識の復習をしたい、授業外でさらに英語を学びたいという学生の声に応えるために、私たちは優れた自習用の教材を探していました。もう1つはTOEFLテストに対するツールとして。英文学科の学生はTOEFL ITPテストを年2回受験することができますが、そのための勉強にTOEFL対策のトレーニングがふんだんに盛り込まれたAcademic Expressが役に立つと考えたのです。 同志社大学 文学部 英文学科 教授 金谷益道 先生

必要なのは学生を導く新しい「学び方」

3つの特長

01

ラウンドメソッドで、
何度も学ぶ、多面的に学ぶ

ラウンドメソッド

Academic Express 3は、20,000語以上の単語データベースを搭載。習熟状況をVocabulary、Grammar、Reading、Listeningの4コンテンツで連動させています。ひとつの言葉を異なる文脈、多面的なアプローチで反復的に学ばせることで、効率よく定着させていく仕組みです。たとえば文法問題の別冊では、文中に現れる既習単語の割合を表示。問題を解いた後も、文法が分からないために間違えたのか、単語を知らないために解けなかったのかを自分で判断することができます。ウィークポイントが明確に分かるので、自分の意思で効率よく学習を深めていくことができます。

02

マイポートフォリオで、
成長を数字で実感

My Portfolio

先の見えない学習のなかでモチベーションが衰え、力を伸ばしきれない学習者のなんと多いことでしょう。私たちは、学びの成果を数字で実感できる仕組みとして「My Portfolio」をご用意しました。知っている言葉がどんどん増えていく喜び、学習時間のバランスを把握できる集計機能。学習マイレージは、上級者だけでなく、勤勉な学習者が評価される指標です。

03

マルチデバイス対応で、
学ぶ意欲と
タイミングを逃さない

イメージ

PC、スマートフォン、タブレットに対応。教室、自宅、外出先など、いつでもどこでも、学びたいときにすぐに取り組める環境をご用意しています。小さな努力の積み重ねを応援する仕掛けは、学習のモチベーション維持にもつながります。もちろん、Windows/Macのどちらにも対応しています。

学習の流れ

簡易テストで、いまの自分の英語力を確認。

Placement Quiz

本格的なトレーニングをはじめる前に、まずは力試しをしてみましょう。10分程度の小テストで、4つのスキルを判定。レベルに応じて、おすすめの教材を提案します。テストは何度でもトライできますので、定期的に実力を確認して、必要なスキルを伸ばすようにしましょう。

Academic Express3 ロゴ
images

Training Bankから、自分のレベル・目的に合った教材を選んで学ぶ。

Training Bank

Placement Quizの結果を参考に、自分のレベルにあった教材で学習をはじめましょう。Training Bankでは、豊富なコンテンツを通じて、Vocabulary、Grammar、Listening、Readingの4スキルを鍛えます。コンテンツ間で語彙の習熟状況を連動させているので、効率よく学習を進めることができます。

Training Bank
Vocaburary Bank

Vocaburary Bank

詳しく見る
Grammar Bank

Grammar Bank

詳しく見る
Listening Bank

Listening Bank

詳しく見る
Reading Bank

Reading Bank

詳しく見る
images

Portfolio機能で弱点を確認。復習を繰り返す。

Portfolio機能

ある程度学習が進んだら、Portfolio機能で学習状況を振り返ってみましょう。勉強はどうしても自分の得意分野に偏りがちになります。スキルごとの学習バランスを確認して、苦手分野にも積極的に取り組むようにしましょう。

学生には

成長を数字で実感できる

タイトル MyPortfolio

ほかにも、アイデア満載の副教材など
学習意欲を継続させる仕掛けが満載

詳しく見る

先生には

クラスの学習状況を管理する

タイトル ClassPortfolio

ほかにも、教材作成機能など、
授業効率を高める管理者用機能が充実

詳しく見る

アップデート情報

【管理者画面】

Class Portfolioに学習継続メダル獲得数一覧を追加 NEW
AE教材別学習状況に週刊!英語ドリルの学習状況一覧を追加 NEW
Test Bankのminiテストの成績表に本試験の換算点を表示
クラス管理者にクラス作成機能追加 NEW
詳しく見る

【受講者画面】

My Portfolioの学習時間を分単位まで表示
複数タブからの同時学習不可 ※1人のユーザーが複数のタブから同時に学習できないようにすることで、学習結果や学習時間をより正確に記録できるようになります。
コンテンツ(教材)の一部更新
Test Bank TOEIC mini模擬試験を追加 NEW
Test Bank miniテストの結果に本試験の換算点を表示
Home画面に2週間分の学習カレンダーを表示
詳しく見る

【共通】

利用規約改定(ログイン後に利用規約が表示されます)
パフォーマンス向上

製品に関するお問い合わせやご質問はこちら お問い合わせ