グローバル併願とは

英米の主要な大学は入学の約1年前から書類選考による入学審査を開始します。したがって海外大学の進学を選択肢として検討している受験者は高3の秋から出願書類を提出することができます。そこで、国内大学の受験勉強と並行して海外大学へ出願、そして結果を待ちながら受験勉強を継続していくという、国内大学と海外大学の併願受験スタイルが可能となります。しかしながら、出願までに高い英語力の証明とエッセイや推薦状などの作成で国内大学を優先に考えている受験者には負担が大きく、実際には帰国子女など一部の高校生だけがおこなう特権的な受験スタイルでした。

『College Pathwayのグローバル併願』は、国内大学の受験勉強を妨げずに、英米の名門19大学共通の入学願書による書類審査のみで合格通知(条件付合格通知を含む)を年内(10月~12月)に取得できる日本で初めての海外大学併願プログラムです。ここで取得する合格通知は、国内受験が終わる3月末まで有効ですので、すべての受験結果を待って、進学先を決めることができます。